■原口果樹園ホームページ < http://www.haraguchi-mikan.jp/ >

原口果樹園のみかんの品種


原口果樹園で栽培しているみかん



原口果樹園 Top  アボカド . < みかん品種 > . 原口誠司


◆ 原口みかん(11〜12月)

 自園で育成、現在全国に拡がっているが、思うところあって特許はとっていない。12月のみかんとして最高の味。
 1970年に私(原口果樹園)で多くのミカンの木の中で1本だけ最高に甘い実をつける木を発見し、10年余り育成して生まれました。新品種です。今では全国はもとより海外にまで植えられて、とても甘いミカンとして2万トン余りを生産されていますが、オリジナルの原口ミカンは、原口果樹園のみで毎年30トン余り生産されて販売しています。年末の最高のミカンとして、お歳暮等にも多く使われその味はすべてのお客様に喜ばれています。



◆ 幻の原口みかん(12月)

 原口みかんの直系の木40本ほどに、園内の一部分だけに実る年末最高の味の甘いみかん。全国で2万トン近く生産されている原口みかんの中で、唯一原口果樹園でのみ500kg〜1000kg近くしか生産できません。



◆ 麗紅オレンジ(2〜3月)

 「せとか」の姉妹の品種。赤く美しく、とても甘くなる。



◆ 木成完熟デコポン(ハウス・4月)

 柑橘類の王様です。長崎県で生まれ、全国や外国にまでひろがっていますが、このミカンの一番おいしいのは、4月から5月まで。ハウスの中で冬の寒さや鳥害から守って生産された品で最高に甘く他に無いおいしさです。ハウス物はとても生産が少なく貴重な品となります。



◆ なつみマンダリン(ハウス・5月)

 5月に花が咲き、翌年の5月の収穫までに1年もかかるとてもぜいたくなミカン。マンダリンの系統で、アメリカから来て、日本で新たに生まれ、ハウスの中で育ち、皮をむきやすくジュースが多く、とても甘い1年の終わりの最高のミカンの味が楽しめます。



◆ はるか
 酸味はなくとても爽やかな甘みがあります。1月から3月に美味しい時期を迎えます。黄色い果実です。皮が固いのでスマイルカットでどうぞ。

◆ 紅映え
 真っ赤な皮の甘いオレンジですがとても栽培方法が難しく国内の生産量はわずかです。お店にはほとんどないミカンで私は好きで苦労して栽培しています。

◆ 津之望
  黄色いミカンでほとんど酸味はなく12月から2月まで美味しいミカンです。せとかの親のミカンです。このミカンの育成には私も少し参加しました。




© 2020,2021 原口果樹園